キャンパス紹介

富里キャンパス

先生は230種の動物たち 生きた動物飼育学はここで学ぶ。

「動物の数も、楽しさも、学ぶことの深さも、想像以上!」。 実際に、富里キャンパスで実習を行っている学生たちの声です。約230種類1500頭の動物たちが暮らすこのキャンパスは、動物飼育舎だけで25,000㎡、総面積40,000㎡(東京ドーム約1個分)。1年生はここで動物飼育管理の基礎技術を学びます。2年生になると就職を視野に入れた専門分野の実習にも取り組みます。

01.実習室・講義室

1階の実習室では、動物の去勢手術、卵の標本づくりなどの実習。2階に講義室では、授業を行います。昼休みは、お弁当を広げる学生でにぎわいます。

02.乗馬場

競走馬の牧場や乗馬クラブなどでの仕事を目指す学生が、実習をする場所です。

03.小型動物舎

ショウジョウトキなどの鳥類やカピバラ、マーラなどの小型の動物たちが暮らす飼育舎です。

04.中型動物舎

カンガルー、アメリカバクなど中型の草食動物たちが暮らす飼育舎です。

05.水棲動物舎

アザラシのほか、オットセイ、ビーバー、ペリカン、ハクチョウ、コツメカワウソなどが暮らす飼育舎。ショーの練習をするステージもあり、アザラシたちの元気な声が響いています。

06.爬虫類舎

ヘビ、トカゲ、カメなど、変温動物が暮らす温度調整ができる飼育舎。お天気の良い日には、みんなを日光浴に出します。

07.希少動物舎

1階はシンリンオオカミ、リンクス、ニホンザルなどが暮らす飼育舎。2階はフライングゲージを完備した猛禽類の飼育舎。バードショーの練習もしています。

08.草食動物舎・牛舎

アルパカ、シマウマ、ロバなどが暮らす飼育舎。牛舎では、ジャージー牛のミルク搾りもやっています。

09.ウサギ/モルモット舎

ウサギやモルモットなど、動物園のふれあいコーナーでお馴染みの動物たちが暮らす飼育舎。赤ちゃんに会える機会が多い楽しい場所です。

10.イヌ/ネコ舎

様々な種類ののイヌとネコが暮らす飼育舎。ドッグトレーナーやペットショップの仕事を目指す学生たちの相棒がいる場所です。

11.熱帯鳥類舎・小獣舎

オオハシやサイチョウ、インコ、オウムや、ビントロングなどが暮らす温室と、ミーアキャット、フェネック、リスザルなどと熱帯の魚が共存する温室に分かれています。

12.ステージ

動物ショーができるステージ。学生たちが楽しいショーの腕を磨く場所でもあります。

13.放飼場

放飼場を囲むようにラマ、ダチョウ、ヒツジやヤギたちの飼育舎があります。

14.附属農園

動物園で仕事をするためには飼料となる農作物に対する知識も必要です。学生たちは、施設の動物たちのエサの一部を栽培しながら、農作物の育てかたについても身につけていきます。

富里キャンパスの動物たち


富里キャンパスでは、たくさんの種類の動物を多数飼育しています。6月頃にはそれらの動物に赤ちゃんが生まれ、新しい仲間にも会うことができます。富里キャンパスに入れるのは、体験入学と施設見学の時だけです。申し込みをしてぜひ動物たちに会いに来てください。

体験入学・施設見学について

トップページ / キャンパス紹介 / 冨里キャンパス