学校案内

教育システム

バランスのとれた人材を育てる。人として、プロとして、大切なこと。

社会に貢献できる動物飼育管理技術者の育成を目標としています


2011年3月の東日本大震災は、日本人の生活、仕事、家族観などに大きな衝撃を与えました。一方、21世紀を10年以上経過した今、地球規模での環境問題は、少しの前進もなく、深刻さは増すばかりです。このような状況の中で、自然環境や動物について学ぼうとする皆さんへの期待と役割は、ますます大きくなってきています。本校は、シマウマやオオカミなどの動物を数多く飼育する実習施設を有しています。これは他校とは異なる、本校の大きな特徴です。
本校は、動物関係の職場への就職を目指している皆さんが、この恵まれた環境の中で動物の生理・生態や周りの生息環境などを学ぶことにより、社会の期待に応え貢献できる、優秀な動物飼育管理技術者に育っていただくことを目標としています。

教育理念


動物を飼育管理する技術者には、動物に対する知識以外にもさまざまなことが求められます。本校では、動物飼育管理技術者に必要な「心・知・技・体」のバランスがとれた人物を育成することを教育理念に掲げています。また、社会人としての基礎を築くことも、重要な教育のひとつと考えています。

4つのステップで確実に学ぶ


本校では、より専門的な技術を身につけるため、在学中の2年間を4期に分け、1年生前期は基礎、後期は発展、2年生前期は応用、後期は実践として一貫した教育を行っています。
各期末には定期試験を実施し、知識・技術の習熟度を確認しながら、総合的に評価して指導しています。

トップページ / 学校案内 / 教育システム