学科・コース

動物管理科

就職先を視野に入れて、基本的な技術を身につける。

飼育係やアニマルトレーナー、厩務員として活躍する人材を育成します。およそ230種以上の動物に接して飼育経験を積むことにより、どのような動物でも扱うことのできる動物飼育技術者としての専門性を高めていきます。

動物飼育管理者が担う4つの基本的な業務をローテーションを組んで実習

  • 飼料づくり

    動物種によって異なる食材・調理方法・給餌方法などを学び、栄養管理に必要な知識を習得します。

  • 飼育舎清掃

    富里実習施設に10棟ある飼育舎を手分けして清掃し、衛生管理の意義について学びます。

  • 動物の健康と安全管理

    ゲージや水槽などの整備方法や作業道具の扱い方を習得し、即戦力となる技術や応用力を身につけます。

  • 飼育舎維持管理

    ゲージや水槽などの整備をはじめ、飼育舎の補修や牧柵の設営など、飼育現場で直面する飼育舎の維持管理を学びます。

応用実習


実習施設にいるたくさんの動物たちと触れあいながら、状況に応じて判断できる力を養います。

  • 保定

    予防接種や検査の際には、動物たちが動かないようにしっかり抑えなければなりません。実際に動物にふれてコツをつかみます。

  • ローピング

    動物保定や、トラックの荷造り、ロープの結び方やつなぎ方を学びます。飼育現場で必要な技術になります。

  • 羊の毛刈

    羊の被毛を切る際は手際よく作業しなければ、人間も羊もケガをします。器具の扱い方や手順、保定方法の基礎を学びます。

  • 羊の断尾

    羊にはもともと長い尻尾がありますが、フンや尿で不衛生になりがちです。そこで子どものうちに尾を切断します。めん羊牧場などでも行う作業です。

  • 避妊・去勢

    牛や豚、羊などの家畜を飼育している施設では、繁殖に利用しないオスを去勢します。実習では羊や馬を用い、知識や技術を習得していきます。

分野別実習


将来就職を希望する施設によって、野生動物、水生哺乳動物、馬、観光牧場、愛玩動物の5つの飼育班に分け(平成26年度)、より専門的な飼育技術を学びます。学生の希望に沿うように、班の構成は毎年変えています。

  • 野生動物飼育班

    富里キャンパスで飼育している野生動物の管理を通して,動物の習性や動物への接し方を学び、動物園やサファリパークの飼育員を目指す班です。

  • 水生哺乳動物飼育班

    富里キャンパスで飼育している水生哺乳動物の管理を通して、アシカやアザラシのショーの練習をはじめ、水族館の飼育員を目指す班です。

  • 酪農班

    富里キャンパスで飼育している牛の世話をしながら生態を学び、酪農・畜産技術者や観光牧場での飼育員を目指す班です。

  • 愛玩動物の飼育班

    ドッグトレーナーやペットショップ勤務をめざす班です。実習施設で飼育している犬の管理を通して、実力をつけていきます。

  • 馬班

    競走馬育成者や乗馬インストラクターを目指す班です。富里キャンパスの厩舎で飼育している馬に接しながら扱い方のコツを覚え、乗馬のテクニックを身につけます。希望者には乗馬のライセンスを受験するための指導も行います。

  • 観光牧場班

    観光牧場での飼育員を目指す班です。アルパカ、ヤギ、ヒツジなど、富里キャンパスで飼育している牧場系の動物と接しながら、飼育管理の方法を学びます。放飼場にあるショースペースで、動物を馴らす(馴致・調教)練習もします。

実践実習


将来の職場で実践できる技術を身につけます。

捕獲・たまごの標本作り・手術の見学・糞便検査・内視鏡による雄雌判別法・麻酔用吹き矢の作成

実習施設所長のどうぶつ便り

トップページ / 学科・コース / 動物管理科